« デキの保守整備 | トップページ | 栗原電鉄;1990年代の写真から »

2010/07/31

広告看板の製作

 きのう、半田付けやりますと書きましたが、実は車輛工作ではありません。

 レイアウトアクセサリの製作、小物です。

R0012118_2

 看板の大きさに合わせて、真鍮角線を適当にプチプチ切り出して、平行と直角に注意しながら、半田をさっと流しました。

 基本的なことをおさらいしますと、半田ゴテは接合する材料同士を、合金が流れる温度まで瞬時に熱することが第一の役割です。コテ先はヤスリで磨いて、電気を流して紫色っぽく色が変わってきたらフラックスをつけ、多すぎないハンダでコーティング(ハンダメッキと言います)しておきます。これをやらないと直ぐに熱などで先が腐食してしまいます。

 半田が冷えて固まるまで、材料がずれないように押さえてやる必要がありますが、ぼくは「耐熱フィンガー」というものをつけた指で押さえてさっとハンダを流してしまいました。素手で火傷もしないほど一瞬でつけてしまうような「達人の技」は、持ち合わせていません。

R0012131_2

 クレオスのウェザリングカラーで赤錆色に塗装して、枠だけ仮に立ててみました。

R0012133_2

 看板は岳南鉄道に行ったさいに、いい感じのものを撮影してきたものです。商業利用でないので、これで問題ないと思われます。

 真正面から撮らなくても、カメラで斜め補正をかければ簡単に真四角になります。レタッチソフトすら、使っていません。

 あとは適当な倍率に縮小コピーをかけて(今回は45%)、その辺にある白ボールで裏打ちすれば、あとは接着してめでたく完成。もう一枚あるのですが、それはまたいずれ。

 小物がひとつ完成して、いい気分で「そろそろ駅をなんとかしなくては」とキットを買いに出かけたさいに、参考までにとポイントマシンを買って帰ってきました。しかし、そこでまたも問題が発覚! やはり周到な計画がないと、いけませんね。

 次回のレポートまでに、解決できるかどうか。。。 

« デキの保守整備 | トップページ | 栗原電鉄;1990年代の写真から »

レイアウト建設」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ