« 軽量紙粘土に挑戦  (水ヶ原支線建設日誌) | トップページ | バスの白塗り »

2010/10/01

赤い跳ね馬、レイアウトに現る

 フェラーリのモデルカーは別段珍しい存在ではないと思うのですが、こと1/87、しかも往年の……という接頭辞がつくと、いささか例外的なポジションになってくると思います。

 先日納車となった250GTO、なんとMade in JAPANである上に、メタル製ときている……そう、あのいまはなき「モデルプランニング」製品なのです。

R0012464_2

 同社の国産旧車には、公称1/87にも拘らず、明らかに1/80だろうという車種もありますが、これは西ドイツ製プラリーネの同型車と並べてみて、1/87そのものと判明しました。これを1/80の鉄道模型と併存させようという輩は、ほどんどいない……ぼくぐらいでしょうから(笑)。

R0012457

R0012458

 駅前の角店の前をゆっくり回ります。

 となりのもとタクシー営業所も、第二次レイアウトからの移設ですが、こんどはスペース的に車のお店は諦めて、シトロエン・ファナティック(ホンマカイナ?!)な角店の住人がガレージとして使うことにしてしまいました。

 事務所の二階には、クラブレイアウトがあるという設定……中もつくらなくてはならなくなるので、ホラ話は控えめにしておきましょう(汗)。

 話を戻して、このマフラーカッターが恰好いいじゃありませんか。プラリーネでは、シャシーのモールドで浮き出ているだけでしたから。モデルカー職人の心意気を感じます。

 バスやトラックばかり(まだ紹介してないですが)買ってるわけじゃないんですよ。。。フェラーリは他にもあるんですが、またいずれご覧に入れます。

« 軽量紙粘土に挑戦  (水ヶ原支線建設日誌) | トップページ | バスの白塗り »

モデルカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ