« EKOのシトロエン、納車 | トップページ | バスのペーパークラフト »

2010/11/06

バスのディカールをつくる

ひさしぶりにバス模型の話です。

以前塗装を剥がして、グランプリホワイトを吹き付けたところまでは書きましたが、それっきりでしたね。

2台塗り替えた自社バス(中古バスという設定です)の、紫の3本の細帯があまりにトホホな出来だったので、

前面と屋根肩部分のみ塗装で済ませて、件の細帯はインクジェットディカールに印刷して、車体に転写しようと企てました。

世のバスコレ改造モデラーのみなさんには定番の技法ですが、

ぼくにはフォトショップやイラストレータ、MDプリンタなどという高価なものはないし、

あっても腕が追いつかないのは目に見えているので、

市販のWindows PCにプレインストールされている、誰でも使えるツールだけで十分だと思うのです。

いきおい、凝ったものは出来ませんが……

R0012592R0012593

使用するのはExcelです。

雑誌に載っていた方法の応用ですが、数字オンチのぼくは表計算なんて使い方も知らず、

以前駅名票の製作に使った程度です。

読んでいる皆さんの方が詳しいと思うので(笑)、要点だけ記します。

まず、A列の幅を用紙サイズ(ディカールの場合A4)一杯に拡張してしまいます。

そして、塗りつぶしたい帯の行を好きな色で(微妙な色合いも出せます)塗りつぶし、余白の行は余白のままにします。

先に塗りつぶす行を全部塗ってしまったほうが楽です。

で、各行の巾を微調整します。1ピクセル単位で調整が効くようなので、なるべく画面を拡大してやると目に優しくて楽です(笑)。

R0012595R0012596

左は裾に貼る赤帯を塗りつぶしたところ。このあと巾を詰めまして、保存したのち、普通紙にテスト印刷したのが右画像。

方向幕や社名ロゴなどのレタリング類は、別のシートにつくった方がいいです。

しかし!このテストプリントを切り抜いて、車体に当てがってみたところ、A4では少しばかり長さが足りないのです。

まあ多めに編集したから、中扉のところで継いでやればいいや……リアにも帯をまわすので、そういうことになったのですが。

「バスの画像がないじゃねーか」と怒らないでください。

完成したらご覧にいれますので……

« EKOのシトロエン、納車 | トップページ | バスのペーパークラフト »

バス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ