« あれこれ検討中(タム500大改造のつづき) | トップページ | 上屋は再利用で  (水ヶ原支線建設日誌) »

2011/02/05

ホームの上屋(またもや検討中)   

ここ数日、いくらか寒さが和らいで、きょうも3月並みの気温になるという話ではあります。

なので、今年最初の吹きつけなんか、やってみようかと思っております。結果はまたいずれ……。

それとは関係なく、長らく進捗していなかった16番レイアウトに、ちょっと手を加えようかと思いまして、固定していなかったプラットホームを持ってきて、色々(あんまり持ち駒はないんですけどね)検討してみました。だから番外編です。

R0012983

駅に待合室もなければ上屋もなく、乗客のみなさまにはたいへんご苦労をかけておりますので(実際は開業してないので変ですけど)、短いながらも上屋を作ろうかという考えです。

R0012984

とりあえず、以前使っていた木造(屋根はペーパーにプラの波板)の上屋、中ほどの柱の接着がとれてしまっていますが、(仮)で載せてみました。

R0012985

カーブした本線側も、屋根端を丸く絞れば、とくに接触はしないだろうという魂胆です。

柱が垂直でないのは、(仮)ゆえご容赦を。ちゃんと新製する予定ですので。。

つけたし。

R0012986

この前のナローレイアウト(線路配置を検討中)は、部屋の片づけのさいに、こんな位置に移動しました。このままだと高さが足りなくて、樹木も立てられませんが、いずれ16番のほうを支える足台を高い物にして、下になんとか収納できるようにしたいです。

みごとな模型をものになさる方々の部屋は、雑誌やブログで見るかぎり整然としていて、感心することしきり。

みずからを顧みるに、現在はどこもかしこも物だらけで、片づけといっても右のものを左へ送る程度のことしかできません! 片づけの指南書など買ってみるべきでしょうか? でも、やはり読んだら積ん読になってしまう???

« あれこれ検討中(タム500大改造のつづき) | トップページ | 上屋は再利用で  (水ヶ原支線建設日誌) »

鉄道模型」カテゴリの記事

レイアウト建設」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ