« コッペル4t、速成 | トップページ | アルモデルの軽便貨車をつくる/10000アクセス御礼 »

2011/07/29

コッペルの運転盤

R0013812_2
コッペルの試運転用に、A3サイズの運転盤をつくりました。

ファイントラックのミニポイントでは、軸距の短い(8.5㎜)コッペルは停止してしまうので、動作確認をした後は、もっぱらこちらで走らせています。

R0013809_2
全景。PECOのナロー用ポイントを除いて、デッドストックになっていたN用フレキを有効利用(代用ともいう)しました。欲を言えば、Yポイントがほしかった。(仮)なので仕方ないのですが、内側への引込線は相当窮屈そうです。

R0013814_4
(仮)の割には、いろいろ車なども載せてあそんでいますね。ブレキナのFIAT126(つやが美しい秀作)とカスタムの間、奥の方には津川のKATO 5tも見えます。動力なしを中古で買ったのですが、適合する動力ユニットはメーカー品切というありさま。右の乗工社製、丸瀬布21号が大きく見えますね、コッペル君に比べると! まあ、21号は10tですから……

R0013819
現在は乗工社のトと、木曽貴賓車を牽引させていますが、コッペル君は小さくても力持ち、多少の勾配があってもゆるゆるとこの2輌を従えて快走します。1年ほど前にご紹介した貴賓車は、この試運転に先立ち、屋根を半田付けしました。あとはコッペルともども塗装したり、インテリアをつくったり?したいものですが、それはもう少し先の作業になりそうです。

本格的にナローのミニパイクの計画を立てたいですね!! あまり大きいものはむりなのですが、せめて庫と小さな駅舎ぐらいは立ててやりたいものです。

« コッペル4t、速成 | トップページ | アルモデルの軽便貨車をつくる/10000アクセス御礼 »

鉄道模型」カテゴリの記事

ナローゲージ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ