« 線路の塗装と水面の試作 | トップページ | 新駅舎(富山地鉄八ケ山駅タイプ)建設中 »

2011/08/28

加悦DB201、着工

先週購入した、珊瑚模型店製品の加悦DB201(旧製品)の組立にかかりました。

R0014006
定石通り、下まわりの組立からはじめます。フレームで挽き物のスペーサーを挟み、動輪押え板をネジ止めして、スペーサーの両端をカシメます。

R0014007
上から見るとこんなふう。

R0014008
安価なプラスティックハンマーが手に入らず、百均の手芸用ポンチのお尻を当てて、上からハンマーで叩きましたが、うまく固定できません。結局、普通の小さめのハンマーでなるべく傷などつけないようにカシメました。まだちょっと弱いようですが……

R0014009_2
スペース板を半田付けすると、問題ない強度が得られました。ついでに床板に端梁をつけてしまってから、一気に集中して組立にのめり込んでいきます。

R0014010
動輪を組みつけて、アイドラーギアも取りつけ。

R0014011
いよいよロッドの取付ですが、クランクシャフトにクランクを固定するイモビス(ちょうど説明書の部品番号13、その上のほうにある黒い粒のようなもの)を、クランクにねじ込んで締め上げる力が強すぎたため、マイナスドライバで頭を折ってしまいました。

直ぐに珊瑚模型店に電話して問い合わせると(きょうが営業日で良かった……)、だいぶ前の製品なのに親切に対応していただいて、イモビスは200円で送ってもらえることに……。ちなみに、数年前に改良再生産された加悦DBは、この辺が組立調整済になっているので、たぶんこんな失敗はないのでしょう。

R0014012
ロッドを組みつけたところ。転がしてみると、スムーズに動きましたので一安心。まさかあとで、とんでもないミスに気づくとは、この時点では思ってもみなかった……。

R0014013
床板の中央の角穴がきつめというか、アイドラーギアの軸(先端にネジが切ってあり、マイナスドライバで締める)が引っかかって床板が入らないので、床板と軸と、両方をだましだましヤスリがけして、なんとかきっちり入りました。

ここからは夕方にも拘らず、もうとまらない! モータを取りつけ、集電ブラシもプラビスで留めて、モータの端子にテストコードを当てると、一応動くのですが、集電ブラシがショートしていたり、あげくの果てに「車輪の絶縁の向きを、まったく考慮していなかった」という初歩的ミスが発覚!! ロッドピンを外して、動輪を抜いてみても、どっちが絶縁側かよくわからない。メーカーによってははっきり判るところもあるのですがね。

ときおり電気を流しながら、疲れ目と空腹で集中力も落ちるなか、なんとか当たりが出たようなので、ふたたびロッドを組み付け、18時をまわってようやくレールに載せてみます。

R0014014
直ぐには走らなかったのですが、やがてモータのアース(キドマイティの場合、端子を180度回転させるだけ)の接触が甘かったことが判って事なきを得ました。ようやく前進後退テストをはじめたのが、18時半ちかく。

いやあ疲れました。。。でも、こういう工作ははじめてだったので、いろいろ学んだこともありますし、基本を忘れないことの重要性にも改めて気づかされました。

折角モータが両軸なので、空いてる側にフライホイールでも付けたいですね。スーパーキャパシタも、キャブ内に収まりそうですが……。

« 線路の塗装と水面の試作 | トップページ | 新駅舎(富山地鉄八ケ山駅タイプ)建設中 »

鉄道模型」カテゴリの記事

車輛工場」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ