« 徹夜で工作 | トップページ | ナローの線路敷設 »

2011/08/13

運転盤のストラクチャ追加/コッペル下塗り

先日来ご紹介しているナローの運転盤ですが、ここにきて製作中のストラクチャを一軒、置いてみました。

R0013879
まんなかの二階家が、YAMA模型製のペーパーキット「住居兼事務所A」です。

製作中の写真は割愛いたしますが、ものの2時間半程度で壁体は組みあがりました。のんびり工作を楽しんでいるのですが、たぶん4時間あれば直ぐ完成させられるでしょう。説明書に部品図程度のことしか書いてなくて、最初は戸惑いましたが、パーツの形状をよく考えながら組み立てていけば、なんてことはありません。窓枠と扉は貼り合わせるだけですし、窓ガラス用のプラ板にも、レーザーカットが入れられて(ご丁寧にも、説明書の記号まで彫り込まれていました)、ただのプラ板が入っているキットに慣れていた身には、新鮮でたいへん助かりました。

R0013880
エムズの「あらものや」などと並べても違和感ありませんね(ちなみに、エムズの図画工作ストラクチャキットは、在庫かぎりだそうで)。この小ぶりな佇まいが、狭いナローレイアウトにもぴったり……と目星をつけていたのです。価格も、レーザーカットにしては手頃ですし。

R0013881
ヒルマの「小さな改札」が大きく見えます(笑) これ、ナローよりは郊外電車ふうの建築に思えるのですが、いかがでしょう。だからここに移動したのも、あくまでも撮影用です。

R0013882
イセッタは、以前ご紹介したでしょうか?駅員がコンクリートのたたきを箒で掃いています。だいぶ天井が高いですね。この運転盤をレイアウトに発展させるのか、まだ決めていませんが、もう少しナローらしい駅舎が欲しいですね。市販の駅施設は、かなり立派で大きなものが多いのはご承知の通り。

R0013884
さて、きょうの午後は、コッペルと雨宮、トにいさみやのカラープライマーを吹きました。

エアブラシを使うのがなにしろ2回目で、それも冬以来(だったか?)のことゆえ、エアーがうまく出るまで2時間もかかってしまいました(説明書行方不明……)。夕方までかかって、ようやく下塗りまでしか終わらず、本塗装は後日ということで……

« 徹夜で工作 | トップページ | ナローの線路敷設 »

鉄道模型」カテゴリの記事

車輛工場」カテゴリの記事

ナローゲージ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ