« コッペルのやかん | トップページ | 運転盤のストラクチャ追加/コッペル下塗り »

2011/08/07

徹夜で工作

ゆうべは眠れませんでした……消灯したものの、結局直ぐ起きて、いろいろごった煮的に工作を進めました。

R0013864
まずは1年以上放置していた、これです。

じつは初めての自作モデルカー、一応1/80程度にはなっていると思います。

軽トラなのはお判りでしょうが、さて、車種は……おっと、その前に、このシャシーとタイヤ/ホイールは、なんとチョコエッグのトヨ2から流用しました。そのままではローダウン仕様になってしまうので、裏返しにして使っています。そのままでは太すぎるタイヤは、ヤスリで幾分、細くしました。

R0013866
そこで登場するのがポリパテです。初めて使ってみました。(いちばん安かったタミヤ製)

R0013865
主剤と硬化剤を同量混ぜ合わせて、こんなふうに盛り上げます。エポキシパテなどに比べて、格段に作業がしやすいですが、硬化剤が足りなかったせいか、「カゼ」をひいたようになってしまいました。主剤のキャップの色くらいが、適正なのだそうです。ほんとは1時間でスチロール系プラスティックほどの硬さになるらしいですが。

R0013867
お次はこれ。これも長ーく放置していた、カプセルエムテックのエルフに架装するボディ製作のつづき。

アルミバンの屋根というか天井が、カンバス張りになっているのがあるでしょう?あれを再現したかったので、まずは骨組みを接着します。側のアルミ板の貼り方は、一応北村製作所のアルミバンのそれを観察して再現しました。Gマックスのコルゲート板です。

しかし、カンバスの表現にちり紙を使ったせいか、ボンド液が水っぽかったせいか、なぜかうまくいかなかったですね。

R0013872
そして、いずれ塗装をやり直そうと思っていた、乗工社の雨宮に塗装バスターを使いました。メタルプライマーを吹いた上にプラカラーを吹いたので、下地まできれいに落ちるかどうか試してみたかったのです。

急に写真がアップできなくなったのですが、結果として塗装はきれいさっぱり落ちました。塗装バスターおそるべし。

« コッペルのやかん | トップページ | 運転盤のストラクチャ追加/コッペル下塗り »

モデルカー」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

車輛工場」カテゴリの記事

ナローゲージ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ