« 加悦DB201、着工 | トップページ | ストラクチャのモルタル表現(ストーン調スプレーを使う) »

2011/09/01

新駅舎(富山地鉄八ケ山駅タイプ)建設中

どこに使うか考えていなかったのですけど、あらたに駅舎を建設中です。

R0014015
R0014017
見る人がみれば、おわかりかと存じますが、これは富山地鉄射水線八ケ山駅がプロトタイプで、エコーの窓枠と扉の寸法と、TMS399号(1981年3月号)の写真を参考に、適当に四面図を描いておいたのが、ようやく日の目をみることになったのです。

材料は、廃物利用の白ボール。それにエムズの図画工作キットで余った角材など。

R0014019
レベルが出ていませんが(汗)、ナローの駅舎に使えないかな?と置いてみました。ルノー4CVのタクシー(ブッシュ製品)は、端正な艶のあるボディが美しいですが、なんと塗り分け線で車体が上下2分割されています。日本でも日野ルノーPAとして、タクシーに多用された車ですね。結構好きなフランス車のひとつです。

R0014021
R0014020
水ヶ原駅にも、ぴったり収まるようです!多少改札口の移設加工など必要ですが。瀟洒な私鉄電車の小駅として、似合うように思います。

そうなると、ナローの駅はどうしようかなあ……また趣味誌の写真を漁ってみることにいたしましょう。

« 加悦DB201、着工 | トップページ | ストラクチャのモルタル表現(ストーン調スプレーを使う) »

鉄道模型」カテゴリの記事

レイアウト建設」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ