« 加悦DBの動力試運転中 | トップページ | 片町裏信号所で撮り鉄(くりでん乗車会:2011年9月) »

2011/09/11

栗駒でボンネットバスに乗る

9月11日は、栗原市栗駒で「みんなでしあわせになるまつり2011」、同じく若柳でくりでん乗車会が同時に開催されましたので、掛け持ちしてきました。

略して「みんしあ」というのは、栗駒の六日町通り商店街に、各地から集まってきた昭和の車をずらりと展示して、各種のイヴェントやガレージセール、屋台などの催物、そして目玉(?)は、会場附近を周回するボンネットバス。その乗車券は、地元のお店や出店などで買物をすると貰える仕組みになっています。

ぼくもたしか第2回から毎回出掛けているので、栗駒詣でも3年目ではすまないか?(今年で何回目か失念)。なるべくナンバーの写っていない画像を選んだので、かならずしも雰囲気が伝わるかどうか気になりますが、簡単に参加リポートを……

R0014047_1280x960
R0014095_1280x960

上が日産ディーゼルU690(富士重工)、下がいすゞBXD30(松本車体)。この2台が会場を周回し、途中商店街で途中下車もできます(大抵の人はそうします)。

この動画の路地をバスが駆け抜けるのが、最大のみどころでしょうか。

今年は最前部の横向きシートに座れたので、発車前にオーナーの運転士さんとちょっと話をしました。いまのふつうの大型車のシフトパターンは、左上がリバース、その下が1になっているものですが、この日デのボンネットは、左上が2、その下が3、右端の上がリバース、その下が1なのです。つまり1と2が点対照の位置にあるのがめずらしく、そのことを述べますと「1はまず使わないので」問題はないという返答でした。たしかに、ぼくもバス運転ツアーで、教習所内だけでバスを動かしたことがありますが、最初にレクチャーを受けたさいにも、そのあとも1速はまったく使いませんでした。坂道で止まってしまうようなポカもやらなかったし……。

R0014067_1280x960
さて、商店街に参加車輛が続々と入ってくるときに撮影した、メッサーシュミットとVWビートルのカブリオレですが、じつはこのビートルのオーナーさんに、朝の待機場所でご挨拶をして、その後特設会場内でも鉄道模型のお話をしたのでした。そう、AOBA MODELの滝澤さんとです。今回のポスターにも登場されているし、ビートル好きも有名なので書いてしまいましたが、毎年参加されているみんしあで、ことしは発売中の栗原電鉄ED20の発表会を開催されていました。それでぼくも勇んで出かけたわけですが(笑)、若柳に移動する10分前まで数分話しこんでしまいました……(直前までTVの取材を受けていらしたようで)。

で、新製品案内のチラシをいただいたさいに、「まだ発表してないんですが」と仰るので、おやと思って下の方をみたら、やはり岳南ED29の名が!! 東北シリーズではED28の次(?)は、初めての旅客車輛、羽後交通デハ1,3なのだそうです。

そしてED20の組立見本があったので、「ステップと台車の当たりは……」と訊ねてみたら、車端のステップは抵触せず、キャブへの昇降ステップが実物どおりの位置だと当たるので、少しずらして取りつけてほしいとのことでした。いやあ、実際に見せていただきましたが、それを伺って安心しました^^

では、気になった展示車両の画像をもう少し。

R0014075_1280x960
R0014074_1280x960
いすゞユニキャブ。四駆かと思いきや、FRなんだそうで。用途はなんでしょうか? ビーチカーかな? 時代が早すぎたか、やれやれ。

R0014076_1280x960
R0014077_960x1280_2
K360のバッジが付いていましたが、これはマツダT600です。カーコレ80でおなじみになりましたね。話しかけてきたおじさんが、「むかしK360に600ccエンジンを載せ換えたりした」って言ってました。

R0014080_1280x960
気仙沼で被災したミゼットMP5。募金箱が載っています。ぼくも再生を願ってカンパしてきました。R0014093_1280x960_2
あとは2輪車の展示会場の隣で、こんな地味にマニアックな(失礼!)こともやってる人たちがいました。発動機(いわゆる農発)の運転会です。

R0014055_1280x960

最後に栗原市民バスを、ミヤコーバスと共に受託している(詳しい経緯は知りません)グリーン観光バスの路線車。岩ヶ崎線の築館税務署前行きです。去年来た時は、北村ボディのいすゞ車だったんですが……ご多分にもれず、空気輸送率が高かったようです。

ほかにも、「つぎとまります」管理人のばすくんの「バス降車ボタン展」でも話し込んだり、弘南鉄道やひたちなか海浜鉄道、アルピコ交通グッズを買いこんだり(小湊鉄道さんごめん)、やたらと今年は買物もしてたのしんできました。もちろん、地元のお店でお昼もいただきましたし……12時過ぎの石越駅前ゆきミヤコーバスで若柳に移動しましたが、それについては次回に。(ふうー……)

« 加悦DBの動力試運転中 | トップページ | 片町裏信号所で撮り鉄(くりでん乗車会:2011年9月) »

バス」カテゴリの記事

視察/巡察日誌」カテゴリの記事

コメント

いい試みでした。
来年は、くりでん乗車会とコラボを強化したいですね。
敵対するはずの車と鉄道の共同企画となれば、話題性も。
そしてグッズの売り上げも。
(吉田)

ひたちなか海浜鉄道様、コメント有難うございます!
ぼくは那珂湊と阿字ヶ浦の入場券を購入いたしました。
日付まで「どうぞ」ということで、Dating Machineというものも初めて使わせていただきました。この場をお借りして感謝いたします。

じつは、常磐線は上野-馬橋間しか知らないのであります(汗)
スーパーひたちで訪問しようと思ったことは幾度もありましたが、まず隣の日立電鉄が廃止になり、常磐線もあんなことに……
早期の復旧をなされたことと、代行バスとの連携については、雑誌で読みました。
来年は視察/巡察日誌にてご紹介したいですねえ。。ぜひとも。

くりでん乗車会とみんしあの掛け持ちの方は、いくらかいたようですよ。
残念ながら、バスで移動した人はわずかでしたが……
ぼくは関係者でもなんでもないのですが、たとえば若柳駅附近に出展されたりすれば、たしかに鉄道ファン諸氏の興味を惹くと思われます。
たのしみにしております。

この記事へのコメントは終了しました。

« 加悦DBの動力試運転中 | トップページ | 片町裏信号所で撮り鉄(くりでん乗車会:2011年9月) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ