« 地面に起伏を | トップページ | 無動力加藤5t(津川)を走らせろ! その2 »

2012/03/08

無動力加藤5t(津川)を走らせろ!

久し振りの車輛工場ネタであります。

前々から、津川の日本牽引車(N)のHOナロー化について思いをめぐらしていたものの、構造上マイニングロコには化かせそうにないし、昔のようにキャブだけ1/87サイズにするのにもやや無理があるというか、名案が思いつかないまま怠惰な日々を送っておりました。

以前考えたものの、面倒そうで却下していたプランに、これの動力(津川のサイトで分売もしています)を、表題のようにかつての1/87の同社製品のカトウ君にコンバートして動力化するというのがありました。そう、中古で購入した無動力のそれを保有していたものの、それ用の動力はもう品切で、あらたに同じカマを購入するのも?という気分だったのです。

で、きょう夕食後に日本牽引車の車体を外して眺めていたら、そのいちど却下した移植計画が急浮上して、雑な工作ですがちゃちゃっと実行してしまいました。

P3080669
加藤君の、車輪以外はドンガラだったモーターハウジング+ギアーユニット(プラ製)を外したところ。ホイールベースの微妙な違いは、目立たないので誤魔化すことにしました。

P3080670
P3080671
t1.5プラ板を大まかな大きさに切り出して孔明け。モーターを避ける切り欠きも現物合わせで。

P3080672
上下をしっかり固定するには、もう少し加工が必要ですが、とりあえずこの状態で試運転。

P3080674
実に快調に走ってくれました。

P3080673
スペースができたので、Kadeeの取付も追加工作で実現できそうです。

あとはプラ車体なので、せめて墨入れくらいは施したいです。もう少し暖かくなったら、ね!

« 地面に起伏を | トップページ | 無動力加藤5t(津川)を走らせろ! その2 »

車輛工場」カテゴリの記事

ナローゲージ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ