« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012/07/29

破壊と再生

みなさまお元気でしょうか? ぼくは暑くてたまりません。
それでも、夕方近くになって冷房効いてても暑い!と思うようになったら、一度窓を開けてみるのも手だと思います。既に節電モードで風が来ない(設定温度は、26~7℃にしてます)エアコンよりかは、外の方が風があって涼しくなっていたりします。

さて、そんな休日、なにか気分転換を、と思い、前回も書いたように、16番レイアウトを一旦更地にしてみました。「解体」というよりは、コルクボードの状態に戻しただけなのでこういう表現にしました。

P7291262
既に線路を剥がした状態。ポイントは勿論のこと、フレキもなるべくていねいに外して、使えるところは再利用できるようにしておきました。

P7291263
木立からライケンを刈り取って、

P7291264
幹も引き抜きました。

このあと、上面のMDFボードを剥がして、二つ折りにして玄関へ。
粗大ごみの日、いつだったかな?

P7291266_2

更地にしたボードに、外した線路を置いていろいろ検討中。本来はここで入念にプランを練るべきなのですが、手軽な運転盤にしたかったのと、フレキが一部を除いて再利用品で間に合いそうだったので、またもや!現物合わせ工作に。

P7291267
配置には悩んだのですが……

P7291271_3
こんな小半径で例の動力改造のせでんが走るのか?と思いつつテストしたら、思いのほかよく曲ってくれました。それでも時々止まったりするので、微調整を繰り返しながら、しつこいくらい試運転を実施しました。

P7291272
今回は、小車庫のある中間駅の一部を切り取ったような線路配置にしましたが、実際にはまた貨物の入替(といいますか機関車の付け替え)もするかも知れません。

なにしろ、ゆるーい人間のゆるーい運転盤(一応シーナリィはつくりますが、ぜんぜん本格的じゃありませんので)、またモデルカーを置けるようにしたり、好き勝手にあそぶつもりでいます。

やはり田舎町の駅前風景みたいなところでお茶を濁すことになるでしょうか。

まったく急ぐ理由がないので、これからも更新はのんびりペースで行きます。なかなか完成に至りませんが、ご容赦ください。

2012/07/16

レイアウトの今後

きょうもまた、寝て曜日でした。

前回もちょっと触れましたが、模型生活をスリム化したい、というのは、具体的にいうと16番レイアウトの見直し、という点に集約されます。

やはり計画段階の甘さと施工のいいかげんさがのちのちまで響いて、いま、それの建設を進めるモチベーションがまったく上がりません。
いくつか箇条書きにすると、

(1)かさ上げの結果、だいぶ重量が増した
(2)そのため、方転がたいへんやりづらい
(3)延長に備えて敷設した側線が、いかにも中途半端
(4)フレキの接続部がスムースでないため、急停止や脱線(床下伝動に改造した能勢電で顕著)の原因になってしまった……などなど。

ポイントやアクセサリ、ストラクチャは保管するとして、一度さっぱりと仕切り直しをした方がいいのではないかと。
弱気になっています。

やはり、1Kの部屋に作りかけのレイアウトがごろごろしているのは、場所取りでもありますし、実際狭くて困っています。

そんなフラストレーションのなか、ナローのレイアウトにはこんなことをしています。
シーナリィの検討です。

P7161237
P7161238
なんのことはない、既存のストラクチャを移設しただけなんですが……いなかの旧市街らしく、うねうねとした道を計画中です。
やはり本格的なシーナリィ工作は荷が重いし、スペースも小さいということで、こんな駅前風景に落ち着きそうです。

2012/07/09

くりでん貨物列車の動画(くりでん乗車会・2012-7)

ご無沙汰してました。

この一カ月、多忙で製作は殆ど手につかない状態でした。

未着工部分が物置になっている水ヶ原支線をみながら、なんかぼくの模型生活もスリム化したいなという衝動に駆られることもあります。

さて、きのうは恒例の「くりでん乗車会」に行ってきました。
実は先月も行ったので、その時の画像も交えてご紹介します。

P6101120_800x533
ことしの乗車会を前に、保存車両の塗装更新が行なわれて、たいへんぴかぴかな状態になっていました。

ED203が、晩年の201と同じ塗り分けになった(ボンネット上などが濃い青)のが残念でしたが……昨年までに「色見本」を撮影しておいて良かった。。

P6101157_533x800_2

M153もこの通りぴかぴかに。

P7081196_800x533
そしてきのう、走行したDB101+ト102+ト103+ワフ74の貨物列車。

このあと、10時半のKD95が戻ってきた直後に、側線から転線しました。

 

うまく撮れたのをいいことに(←自己満足)、このあとED201とM152、C152が静態保存されている「チャチャワールドいしこし」に移動。想像していたほど荒れてはいませんでしたが、もう少し管理をちゃんとしてほしいところです。

P7081224_800x533_3
床下の観察には、こちらのほうが好都合です。入場料が必要ですが。

おまけ。

P7081211_800x533
DBとくっついて留置されていたため、お顔をしっかり拝めるのは久し振りです、富士重工業製のTMC100F。これも含めて、ぜんぶ塗装をやり直したわけです。

快晴の空のもと、気持ちのいい撮影行になりました。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ