« くりでん貨物列車の動画(くりでん乗車会・2012-7) | トップページ | 破壊と再生 »

2012/07/16

レイアウトの今後

きょうもまた、寝て曜日でした。

前回もちょっと触れましたが、模型生活をスリム化したい、というのは、具体的にいうと16番レイアウトの見直し、という点に集約されます。

やはり計画段階の甘さと施工のいいかげんさがのちのちまで響いて、いま、それの建設を進めるモチベーションがまったく上がりません。
いくつか箇条書きにすると、

(1)かさ上げの結果、だいぶ重量が増した
(2)そのため、方転がたいへんやりづらい
(3)延長に備えて敷設した側線が、いかにも中途半端
(4)フレキの接続部がスムースでないため、急停止や脱線(床下伝動に改造した能勢電で顕著)の原因になってしまった……などなど。

ポイントやアクセサリ、ストラクチャは保管するとして、一度さっぱりと仕切り直しをした方がいいのではないかと。
弱気になっています。

やはり、1Kの部屋に作りかけのレイアウトがごろごろしているのは、場所取りでもありますし、実際狭くて困っています。

そんなフラストレーションのなか、ナローのレイアウトにはこんなことをしています。
シーナリィの検討です。

P7161237
P7161238
なんのことはない、既存のストラクチャを移設しただけなんですが……いなかの旧市街らしく、うねうねとした道を計画中です。
やはり本格的なシーナリィ工作は荷が重いし、スペースも小さいということで、こんな駅前風景に落ち着きそうです。

« くりでん貨物列車の動画(くりでん乗車会・2012-7) | トップページ | 破壊と再生 »

鉄道模型」カテゴリの記事

ナローゲージ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ