« フェルトバーンの工作(シリンダーとクロスヘッド) | トップページ | またリハビリ(フェルトバーンの製作) »

2012/09/02

乗工社ワークカーの動力換装(仮)

きょうもフェルトバーンの輪心を接着したりしたのですが、なんと! 1mmタップを買っていなかったことに気づいて、テストランまではぜんぜん達しなかったのであります。

それで、夕食前にセントラム動力の配線を端子に直結してテストランしていたら、乗工社の木曽(?)ワークカーのジャンク車体(欠品多数のドンガラ)が目にとまり、よし!ということで、PU101を取り外して、いろいろ試していたわけですが。

R0014418

PU101は、なんの問題もなく使えるので、IMONミニモータでも買って他に転用しましょう。

お手軽リパワリングではありますな。

このあと、ラジエータだけはかろうじて発見したので、あとは屋根をなんとかしてやるのと、キャブインテリアかなあ(ほんとにやるのか?!)。それ以前に、動力の取付部はちゃんと加工してやる必要があります。

カプラー高さは、この状態で概ねだいじょうぶみたいでした。

 

« フェルトバーンの工作(シリンダーとクロスヘッド) | トップページ | またリハビリ(フェルトバーンの製作) »

鉄道模型」カテゴリの記事

車輛工場」カテゴリの記事

ナローゲージ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ