« 乗工社ワークカーの動力換装(仮) | トップページ | アルモKATO 7tの組立(その1) »

2012/10/14

またリハビリ(フェルトバーンの製作)

ご無沙汰してます。

ようやく過ごしやすい気温になってきたので、フェルトバーンBタンクの製作を再開しました。

いまさら、というか、二周も三周もおくれてしまったことは承知の上で、なおのんびり進めます。

Pa140018
接着した輪芯に、サイドロッドを取りつけました。このあとスライドバーを(片側だけですが)取りつけ、指で押してスムーズに転がるか確認しました。あ、ちなみに、右側のシリンダーブロックは、接着不良(接着剤の厚塗りが原因)のため一旦外しましたが、頼みの綱のスーパーXが部屋のなかから発見できず、きょうはそのままになっています。

ほんと、工具・備品・部品の管理って重要ですね……

Pa140019_3

そこそこ転がりはいいようです。

« 乗工社ワークカーの動力換装(仮) | トップページ | アルモKATO 7tの組立(その1) »

鉄道模型」カテゴリの記事

車輛工場」カテゴリの記事

ナローゲージ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ