« アルモKATO 7tの組立(その1) | トップページ | RENAULT 1000KG&2台目のMULTIPLA »

2012/11/18

アルモKATO7tの組立(その2)

前回の続きです。

あれから、キャブの組立を行ないました。
説明書通りで、なんの問題もなく組めます。

で、きょうはボンネットまわりに着手したのですが、苦労した点がいくつかありました。
1)ラジエーターグリルの保護棒の取付
2)ボンネット前板の取り付けミスとその修正
3)そのさいに折れてしまったネジ止め部分の修正

いずれもぼくの手際の悪さが原因です。
慎重に組めばなんの問題もないでしょう。ただ、今回の板は薄い割に溝が深いような気がします。

Pb180103
このへんまではスムーズに進みました。キャブ屋根は、窓枠を入れるさいの便宜を図るため、最後に接着する予定です。

Pb180104
この画像を撮ってから、ボンネット前板がずれていることに気づきました。
そのままでは、サイドカバーが浮いてしまう!ということで延長戦に突入。結果、取付ステーの片側を折ってしまったというわけ。その過程で苦戦したため、途中で撮影している余裕はありませんでした。

Pb180105
比較的、ボロが出てない側から撮影しました。まだ仮組状態です。この時点で合いの悪い部分などをチェックしました。まあ、あとはつじつま合わせに腐心することになりそうですが(汗)

あと、フェルトバーンのシリンダーブロックをつけ直したりもしました。今度はしっかり接着されるといいけど。

« アルモKATO 7tの組立(その1) | トップページ | RENAULT 1000KG&2台目のMULTIPLA »

鉄道模型」カテゴリの記事

車輛工場」カテゴリの記事

ナローゲージ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ