« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012/12/29

ミニネイチャーを試す

年末にかけてもやはり時間が、といいますかじっくり腰を据えて工作に取り組む気構えが足りません。
やはりたるんでいるんでしょうかね。

暮れも押し迫り、なにか今年やり残したこと……ぜんぶ仕掛状態のままなんですが……はないかと考えていたら、樹木の葉っぱを思い出しました。
ファインリーフフォーリッジがいちばん手軽で実感的なのですが、いつもの模型屋さんに聞いてみても、品薄状態が続いているようで。

ならばと思い切って、使ってみたかったけれどつい忘れていたミニネイチャーを発注してしまいました。

Pc290150

大きいパックを2個調達したのですが、それでも量の少なさに拍子抜けしました。「これは高級素材なんだから」と自分を納得させて、早速1本の樹木の緑化に取り掛かりました。

Pc290152

第2次レイアウトで駅前に植えていた木の枝です。
実際に、数年前に近所で拾ってきたものです。本物の小枝を使うのが好きなのです。

Pc290153
今回は使わない、根元側の余分なところをカット。

Pc290154
少しずつハサミで葉っぱを切り離し、枝に「引っかけて」いきます。ボンドは使っていません。

Pc290155
とりあえず恰好がつくまで茂らせて、このくらい残りました。この木1本で、900円分くらい使ったことになるか? 右の車は、比較用のアルファロメオ ジュリアスーパー(ブレキナ)です。

Pc290156
Pc290157
早速植えてみました。こんな風に、レイアウトのアイキャッチになる部分に使うと効果的でしょう。これで木立や林まるごと製作したら、たいへん贅沢なレイアウトになること請け合い。ぼくの技量では、そんなことしても釣り合いませんので、適材適所で!

ときどきモデルカーの撮影にも使っているこのレイアウト、まだ初期段階ですが、実はひそかに900×450mmのコルクボードを購入して、試運転とストラクチャ(あまり多くはない流用品)の配置の検討あたりまで進んでいます。かろうじてBB電機が連結運転できるくらいの曲線半径は確保しました(アルモデルの戦後型で実証済)。
900×600でも大きくて、負担に感じてきたのでこの寸法にしました。
ナローもこのサイズでのびのびとした作りにしたいなと、ぼんやり考えています。

2012/12/02

栗原電鉄DB101の製作(その1)

しばらく16番の話が続きます。

夏に買って、フレームを組んだだけで放置していた、モデルワムの貨車移動機(半キャブ・ロッド式)のつづきをようやく始めました。

このキット、原寸図と部品表があるだけで、説明書はありません。
「この部品、どこに使うのか?」と試行錯誤しながらの組立です。

表題の通り、ぼくはこれを栗原電鉄のDBとして仕上げることを目標にしています。
製品とは若干違う部分があるようですが、気にしないで組んでいくことにします。

Pc020133
きょうは上まわり、車体を組み立てました。
主な部品を並べてみましたが、ほかにハンドレールや雨樋などなど細かいのがたくさん入っています。
キャブの部品の不要な部分を一部カットして、半田付けにかかります。

Pc020134

キャブの組立中。

Pc020135
ボンネットと合わせてみて、様子をみています。
このあとドアを貼りますが、位置決めに手すりを差し込んで、同時に半田付けしてしまいます。ほかにうまい手がありませんので。

Pc020137

途中で、ボンネットのハンドレールを差し込む孔がほとんど貫通してなく、ポンチマークのみであることに気づいて、φ0.4のドリルで開口しました。

Pc020138Pc020139
ボンネット前端のロスト部品を付けて、きょうはおしまい。

来年の乗車会の貨物列車運転に、間に合いますように……

2012/12/01

16番のデキ3、ふたたび

もう12月なんですね。

先月の話になってしまいましたが、ワールド工芸の新製品、16番の銚子電鉄デキ3Ⅱが当工場にも搬入されました。

たしか前回製品が出たのが10年前。
今回のリニューアル新製品は、確実に進化していました。

Pc010132

いちばん変わったのが、動力でしょうか。
厚手の洋白が使われていて、分解、調整も容易な設計に見えます。
台枠まわりの構成や、軸箱なんかも少し改良されています。

車体も、ボンネットの取付板が別体になるなどしています。
さらに、窓の縁取りがステンレスエッチングで別貼りするようになっています。この部品、おそろしく細いんですが……

カプラーは、IMONのHO-101を指定。
変わったものを使うものだと思いましたが、その現物を今週入手して(価格の安いのにびっくり!)、わずか4点のプラ部品で、伸縮まで実現している(カツミのACEカプラーと同じ原理)のに感心させられました。
ポケットも小さく、形態も実感的です。強度も問題ないようです。

実際、いま当社ではカプラーの自動解放を行なっておらず、機関車の交替もハンドクレーンによっているので、導入に問題はないと判断しました。

話が少しそれましたが、この内容で前回製品より500円お安くなっていますので、購入したぼくは充分に満足しております。

年内には着工できるかと思います。
とりあえず、4月に撮影した資料写真をアルバムにしました。思いのほか役立ちそうなのが少なかったですけど……

※組立を進めておりましたアルモデルのKATO 7tは、結局失敗しました。

 
 
 またいずれリベンジしたいです。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ