« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013/01/02

川渡温泉駅の木造庫

あけましておめでとうございます。

本年も当「空飛ぶB型凸電」をよろしくお願いいたします。
あいかわらず気まぐれに、あれこれ手を出すことと思います。
ご笑覧いただければ幸いです。

さて、元日は「小さな旅ホリデーパス」という地域限定(南東北エリア)フリー切符を手に、陸羽東線に乗ってきました。
数年前に新庄まで行ったさいに、気になっていたものが途中にありまして……

P1010197_800x533
行ってみるまでどの駅かうろ覚えだったのですが、川渡温泉駅で目的の「あれ」が見えましたので、降車しました。
圧雪のホームを、目標物に向かって歩いていきます。

P1010198_800x533

いまどきめずらしい(と思われる)、木造の庫です。中には除雪用のモーターカーなどが入っていますが、背が低いこともあり、軽便蒸機など入れたら絵になると思いませんか。煙突もいい味を醸していますね。

P1010187_800x533
近くで写真を撮らせて貰おうと思い、許可をとるため近くまで行きましたが、誰もいません。
除雪は真夜中の作業なので当たり前か……遠慮して、遠巻きに撮影しただけでこの場所を後にしましたが、よく見れば見るほど、旧い庫のようです。

P1010184_800x533_2

踏切で撮影して、次は岩出山へ移動します。(赤い自販機が目ざわりですね)

P1010204_800x533

目的はこの貨車移動機です。なにも説明などありませんでしたが、塩釜線の(旧)塩釜埠頭のエッソで働いていたのだそうです。形態的にはシャフト駆動式で、半キャブの10t機です。

P1010203_800x533

ガラスがところどころ入っていません。かわいそうな状態でした。

P1010205_800x533

エンジン脇の箱はなんなのでしょうか? いま組立中のモデルワムのキットにも、これの取付孔が開いています。栗原のDBにするなら不要なのですが……ちなみに、後ろの赤い屋根の建物が旧駅本屋らしく、鉄道資料館も併設されていますが、元日なので休みでした。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ