« さよなら、つばさ模型 | トップページ | 花冷えの一日、レイアウト工作 »

2013/04/16

スプリングジョイントふたたび

最近、プラモ屋さん(Nゲージも置いてますが……)でこんなものを見つけました。

R0014463
スプリングユニットという商品名で、本来はガンプラなど(ザクのパイピングに使ったりするらしい)のディテールアップパーツなのだそうですが、ぼくはこれを見て、長らく放置していた、モデル8製造のろっこうの能勢電を思い出したのでした。

これ、スプリングジョイントに使えるんじゃないか?というわけで、210円という安さもあって購入。

ちょっとした時間を見つけて、早速取り付け作業にかかりました。

R0014465
しかしです……このスプリング、だいぶ柔らかいのです。
耐久性は大丈夫か?とちょっと心配だったのですけど。

R0014466
とりあえず、モータと動力台車をつないでみました。

R0014467
首振りは充分なようです。柔軟性もあり、これは期待できそうです。
ちなみに、このスプリング、外径2.0mm、内径1.2mmです。
軸にラジオペンチで押し込んで、台車側は一応瞬間接着剤で固定しました。

結果はこちら↓

なんと、R170も曲がります!

動画ではよくわからないかも知れませんが、結構このスプリングは走らせるとたわむのです。これから日々走らせて、耐久テスト(?)に供する予定ですが、本来の用途とは違いますので、真似する方もいないでしょうが加工および使用にあたっては充分ご留意ください。工作派のモデラーの皆さまには、よけいな講釈かもしれませんが……失礼。

(過去の記事はこちらこちら

« さよなら、つばさ模型 | トップページ | 花冷えの一日、レイアウト工作 »

鉄道模型」カテゴリの記事

車輛工場」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ