« 木曽貴賓車の製作(その1) | トップページ | コッペルの手術 »

2013/10/13

西大寺コッペル1-3号機の組立(その1)

2年前に組み立てたわが鉄道の「やかんコッペル」ことコッペル4tボトムタンクにつづき、再びトーマモデルワークスさんのコッペルの組立にかかりました。

R0014531
ギアフレームの組立中。車輪を圧入しているところ。両端のM1.4のビスは写真の2.0mmではなく、1.5mmを使うのが正しいです。あとで気づいて取りかえました。説明書はよく読みましょう。

R0014538
R0014539
このへんは、なんの問題もなく(ぼくのようなうっかり者には、ミスはつきものです)。説明書はしっかり読みましょう。

R0014540
R0014542
今回の製品では、キャブはこういう部品の上に各面を貼りつけるようになっているんですね。ビスで仮止めして、どんどん半田で付けていきます。なにしろもう10月も半ば、先を急いでいます。

R0014545
側面を貼ってから、写真を撮っている暇もなく、朝から昼食の時間まで一気に進みました。

R0014547
この段階になって、ボイラーの後端がキャブ前板の孔に入らないことに気づいて……ボイラーはホワイトメタルなので、半円形の取付部の直線側などをきもち削りました。速成を急いだとはいえ、相変わらずこんなことをやっています。

R0014549
ゆうべはここまで進んで就寝。
輪芯の塗装もやっておきたかったものの、きのうは雨も降ったので見送り。折角半田付けもしたのに、モーター端子を付けなかったので動力のテストもできなかったり……

きょうは午後からお出かけの予定があります。それまでに、なにかできると思うのですが。

« 木曽貴賓車の製作(その1) | トップページ | コッペルの手術 »

鉄道模型」カテゴリの記事

車輛工場」カテゴリの記事

ナローゲージ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ