« 西大寺コッペル1-3号機の組立(その2) | トップページ | コッペルに「朝マグ」 »

2013/11/09

西大寺コッペル1‐3号機の組立(その3)

前回に引き続き、右側のパイピングを進めました。

R0014577
所定の位置に孔開けしました。

R0014579
R0014582
ドームからシリンダへの配管も、説明書と資料の通りに。

R0014583
塗装後に付けるパーツ数点を除いて、一応ここまでできましたが……
ぼくの工作にありがちな紆余曲折がこのあとに待っていました。
画像もありませんしあまり詳しく書きたくないですが、調整のつもりでいじり過ぎるのはやめた方がいいと思います。
ちょっとだけ記しておきますが、はめ込み式のロッドの調整にてこずって、一本予備の部品(製品のエッチング板に2本付いています)を使う羽目になりました。左側の輪芯の位相が、微妙に合っていなかったのが原因で、メーカーに責はまったくありません。

まあ、ともかくも再び走るようになったので、動画を撮ってみました。

さて、あとは年内に塗装まで持ち込めるか、どうか?

« 西大寺コッペル1-3号機の組立(その2) | トップページ | コッペルに「朝マグ」 »

鉄道模型」カテゴリの記事

車輛工場」カテゴリの記事

ナローゲージ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ