« 枯枝拾い | トップページ | 蒸機を走らせる労働 »

2014/05/24

ようやく工作再開(フェルトバーンなど)

冬に発生した引越問題の対応に追われて、長いことなにもできない日々が続いていましたが、4月下旬に仙台市への引越もおわり、徐々に模型の荷物なども開けて、きょう、やっとこさ再びコテを手にしたのでした。

気になっていた、フェルトバーンBタンク、これの組みかけの上まわりを少し進めました。

R9194673

キサゲ作業が半端な段階ですが、サイドタンクの浮きを修整するため、床板にネジ止めして、ついでにボイラーも、撮影用に仮止めしました。

R9194674

後妻とコールバンカーの底(?)が一体になった部分も取りつけました。

下まわりは、昨年Kさんにいただいたトミックスの動力台車の新品と、新しい輪芯を使うことになっていて、まだシリンダーなどとともに未取付です。
この新しいフレームですが、実はロット違いのために軸端が飛び出していて、再生産時に改良された輪芯だと接触してショートするため、Kさんが孔開け加工をして下さいました。

R9194676

一応昨秋にプライマーは吹いておいたのですが、中心の孔に蓋をする1.4mmの線材がなかなか入手できず(つばさ模型の閉店後、こんな不便なことが起こっています)、ネット通販で燐青銅線を買ったはいいのですが、引越荷物のどこに紛れたのか、まだ出てこない始末。

 

 *

さて、午後に買物から帰ってきて、こんなこともやっていました。

軽便鉄模アンテナ(いつもお世話になっております)の管理人様の雑記帳の過去記事に、「旧車のサビ落とし」というのがありまして、かねてから真似をしてみたかったので、試してみました。(なぜかはてなダイアリへのリンクが張れなかった……泣)

R9194675

この画像だと、サビ色が薄まって写っていますが、まだ「使用前」に分解しただけの段階です。シートのピンクが鮮やかですね。

R9194677

サビ取り初期段階。溶剤を含ませた綿棒には、結構塗料が付着して染まっています。溶剤の付け過ぎはよくないような気がしていましたが、溶剤不足でゴシゴシこすった方が色落ちは激しく、何箇所か車体色が剥げてしまった箇所がありました。

R9194678

試しに荷箱から除去を始めましたが、溶剤たっぷりでこすったために、ピンク色が落ちる度合いは小さかったようです。 R9194679

色落ちした箇所がわかりますか?

R9194681

キャブ後妻部分は透明プラに白塗装のため、ガシガシこすったら向こう側が透ける結果に……とりあえず、タミヤアクリルのフラットホワイトを薄めて塗りましたが、薄め過ぎて要らぬところに流れてしまいました。あまり変わり映えがしなかったかも知れません。

R9194683 R9194682

フロントなどの銀色部分は、クレオスの溶剤でも落ちませんでしたが、テールレンズと「マツダ」の赤い文字はあっさり落ちてしまいました。

R9194693 R9194694

「使用後」のT600。
ピンク色の剥げた箇所は、そのうち直します。

塗料を取り出した勢いで、こんなものも塗ってしまいました。

R9194686

この画像でなんだかわかった方は、相当お好きな人だと思います(笑) 実はこれ……

R9194687

懐かしの、IMUというメーカー製のBMWイセッタでした!!
大味ながら、ドアも開閉します。

R9194689

黒色プラ一体成型のホイールに色入れしたWiking製のイセッタと並べてみました。 キャンバストップの色は、手許にあった明灰白色を使いましたが、やはりもっと濃い色のほうが良かったか……

長い放置状態からようやく復帰しました当ブログ、
あいかわらずふらふらと、いろんなことに手を出すことと思いますが、
今後ともよろしくお願いいたします。

« 枯枝拾い | トップページ | 蒸機を走らせる労働 »

モデルカー」カテゴリの記事

車輛工場」カテゴリの記事

ナローゲージ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ