« コッペルにスーパーキャパシタを | トップページ | フェルトバーンDLの動画 »

2014/06/24

栗原電鉄ED20の組立(その1)

久々の凸電ネタです。

給料日直前の休日、どこへ行くほどの予算もなく、しばらく振りにAOBA MODELのサイトを見たら、ロスト製の1段リンク軸受など2点しか商品がなく、不思議な気がいたしました。自社製品のみの取り扱いに切り替えたのでしょうか。
で、思いだしたのが、当社倉庫にて熟成すること3年?の、同社製品の栗原電鉄ED20型凸電機キット、長いこと罪庫と化していました。いつもの出来心で、仕掛が増えることを承知の上で着手しました。

R9194740
添付の原寸図をコピーした紙の上に載せて位置決めし、パワトラ取付板をまずは半田付け。

R9194741
次に端梁を付けました。

R9194742
2位側(細倉鉱山方)ボンネットの片側(方角でいうと北側)の点検蓋がない箇所にも、部品共通化のため蓋のディテールがあるので、ヤスリで削りました。ロストパーツを削るのは、大変なんじゃないかと思っていたら、ホームセンターで買った安い組ヤスリでも、容易に5分程度でここまで削り落せました。さらに浅い溝を埋めるべく、半田を平滑に薄く流しておきました。気が向いたら平らに削ります。

R9194743
台車枠を組みます。差し込みで位置決めができるので、台車端梁の一部にヤスリがけしただけです。あとは当然ながら垂直と平行を出すようにして固定。ボルスターはパワトラに附属のものを下から差し込み半田付け。

R9194744
パワトラに組込みました。
思いのほかガタがあり、ピッチングします。
砂箱などと一体の砂撒管は、それらしく曲げましたが、いささか長すぎる気がします。レールに接触しないように何度も曲げ直しました。目立たない中央寄り(キャブ下)のそれは、短くカットした方がいいかも知れません。

R9194745
(仮)でキャブとパンタを載せて撮影。
このあと、ボンネットのみ載せて試運転をしましたが、前述の砂撒管がポイントに引っかかったりして、微調整をしながらエンドレスを回しました。

余談ですが、試走の段階で、一部のR170カーブで引っかかり→脱線する場合があり、これは線形が悪い!と急遽保線工事を実施したり、あいかわらずそんなことをやっています。この短躯でこの程度の曲線を通過できないはずがないですからね。

あと、余計な半田を削ったら、楽しいディテーリングが待っています。簡単キットというのは本当でした。なかなか好いです。

« コッペルにスーパーキャパシタを | トップページ | フェルトバーンDLの動画 »

鉄道模型」カテゴリの記事

車輛工場」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ