« 栗原電鉄ED20の組立(その1) | トップページ | 乗工社ワークカーの動力換装(つづき) »

2014/07/13

フェルトバーンDLの動画

今回は、YouTubeで見つけた動画のご紹介です。

まずはドレスデンのフェルトバーン ミュージアムでのO&K、まあわれわれ模型ファン、とりわけ軽便蒸機が好きなら誰でも知ってる、コッペルのディーゼルロコの運転会?です。
ぼくはドイツ語が読めないので、字幕の意味も「なんとなく」しかわかりませんが……

素晴らしいです。型式も年式も、なんにもわかりませんが、とにかく楽しそうですよね。
同じ場所での他の動画を見て思ったのですが、このロケーションがとてもいい。
どこかの鉱山跡なんでしょうか、ねえ?

もう1本は、Deutz(ドイッツ)の小型機関車です。

自宅の庭先みたいな場所で、こんな小さなロコで入換をやったら楽しいだろうな、というのを実際にやっているのが、もうたまらなく羨ましいです。

オットーサイクルエンジンの始動方法は、『トワイライトゾ~ンマニュアル11』に載っていた、銚子のヤマサ醤油のサブロクのオットーと、ほぼ同じなのではないでしょうか? サウンドともども、初めて見聞きするもので、こんな動画が見られる時代になったのが感慨深いです。

実際、フェルトバーンのディーゼルロコって、いくらくらいで買えるんでしょうね?
それ以前に土地もなにもないぼくなんかにとっては、模型で真似するよりほかに手だてはないんですが……HOナロー9㎜でだって、いまやセントラム(あるいはポートラム)動力があるんだから! いつかはやってみたい題材です。

« 栗原電鉄ED20の組立(その1) | トップページ | 乗工社ワークカーの動力換装(つづき) »

ナローゲージ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ