« 銚子電鉄 デハ101の末路 | トップページ

2015/03/29

軽便機関庫の建設

春になって、すっかり模型づいているeb4111deki3です。

遅ればせながら、最近になってjw_cadの練習を始めまして(ずっと前にインストールしていたものの、さっぱり使ってなかったです)、折角なのでかんたんなストラクチャをつくってみようと思い立ち、エバーグリーンのクラップボードを調達してきたのであります。

2
お粗末な作図で恐縮ですけど……
これをプリントアウトして、クラップボードを切り抜きました。話にきいていましたとおり、エバーグリーンのプラ材は柔らかく、加工しやすいです。

R9195130
ここまでお見せすれば、なにを作るかは明らかでしょう。
はい! 軽便蒸機が入る機関庫なんです。

R9195131
壁面を接着したところ。
左に置いてあるのは、組み立ててみて巾が狭すぎることに気づいたボツの品物です。
設計段階で気づくべきでした。一応モックアップを紙で作ったのですが、それでも気づかず(汗) 前掲の図は、その失敗をもとに作図し直したものです。

R9195132
屋根は厚紙を切って折り曲げました。どこかにコルゲート板などあるはずなのですが、また例によって見つかりません。引越して11カ月経過したんですがね。
煙突も付ける必要があります。真鍮パイプも探し出しましょう。

R9195134_2
木部の色は試行錯誤したものの、結局タミヤアクリルの陸上自衛隊の茶色で均一に塗りました。窓枠はエコーのエッチング抜きのものの手持ちを使います。

機関庫の基礎も作らねばなりませんが、きょうはこれまで。
先日レイアウトに使う材料も調達しました。いつも見ているネットショップにも在庫がなく、時期的にハズレだったかと思っていたら、ちゃんと在庫のあるお店がありました。もちろん、仙台でも探しましたが見つからず。通販でなんでも買えるのはいいようなものの、送料が結構かかりますからね。でも、それに頼らなくてはいけなくなりました。

« 銚子電鉄 デハ101の末路 | トップページ

ナローゲージ」カテゴリの記事

ストラクチャー建設」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ